決算関連

決算関連

【前払費用】前払家賃の決算整理仕訳と再振替仕訳をわかりやすく解説(簿記3級)

費用・収益の決算整理は「費用の前払い」「費用の未払い」「収益の前受け」「収益の未収」4つのパターンがありますが、考え方自体は4つとも全部同じです。この記事では、4つのうちの一つ、「費用の前払い」について「支払家賃」「前払家賃」を例に解説します。
決算関連

貸倒引当金と貸倒引当金繰入の仕訳をわかりやすく解説(簿記3級)

貸倒引当金の仕訳は簿記3級の決算整理の問題でほぼ間違いなく出題されます。貸倒引当金の処理は、やること自体はそれほど難しくないので、計算方法や仕訳の形を覚えてしまえば高確率で得点できる内容ではあります。ですが、問題は解けるけど意味が分からないという人が非常に多い内容でもあります。なので、この記事では意味合いをしっかりと解説しますので、ぜひ最後まで読んでほしいと思います。
決算関連

【消費税の仕訳を分かりやすく解説】なぜ差額を支払うのか?(簿記3級)

この記事では消費税の仕訳について、『仕入時』『売上時』『決算整理』『納付時』を全て解説します。「なぜ差額で納付額を計算するのか?」という疑問を持つ人が多いのですが、それについても詳しく解説します。なお、他の税金と違って消費税では費用処理はしないということも重要なポイントです。
決算関連

当座借越とは?意味と仕訳をわかりやすく解説(簿記3級)

この記事では、「当座借越」について解説します。「期中仕訳」「決算整理仕訳」「再振替仕訳」の全てについてわかりやすく説明しますので、必ず最後まで読んでください。特に再振替仕訳については、「なぜ再振替仕訳を行うのか?」という疑問を持つ方が非常に多いので、しっかりと説明します。
決算関連

【仮払金】ICカードへ入金した場合の仕訳を分かりやすく説明(簿記3級)

ICカードの処理は、入金時に「仮払金」とする方法と、入金時に「旅費交通費」とする方法の2つがあり、それぞれ、【入金時】、【支払時】、【決算時】の3つについて考えなければならないので、全部で6パターンあります。この記事ではその全てについて解説します。
決算関連

郵便切手と収入印紙の仕訳を解説(期中仕訳と決算整理仕訳)

この記事では郵便切手と収入印紙それぞれについて、期中仕訳と決算整理仕訳を分かりやすく説明していきます。郵便切手と収入印紙は見た目こそ似ていますが、役割は全く違いますし、簿記において使われる勘定科目も当然違います。期中は購入時においてのみ仕訳が行われ、郵便切手「通信費」、収入印紙は「租税公課」に計上します。
決算関連

現金過不足の決算整理仕訳をわかりやすく解説(応用問題)

現金過不足の決算整理仕訳の応用問題です。雑益が発生するのか雑損が発生するのか頭の中が混乱しやすい部分ですが、落ち着いて意味合いを考えていけば確実に解くことができます。この記事を読めばそのことが分かります。また、どうしても意味が理解できないなら、機械的に解いても良いと思います。
決算関連

現金過不足の決算整理仕訳をわかりやすく解説(雑益または雑損にする?)

現金過不足の決算整理仕訳ですぐに頭に浮かぶのは、原因不明の金額を雑益または雑損にすることです。確かにそれは間違いではありませんが、それよりも先にやらなければならないことがあります。それは現金過不足の残高をゼロにすること、つまり現金過不足を消滅させることです。
決算関連

売上原価の計算(仕入・繰越商品の決算整理仕訳をわかりやすく説明)

仕入・繰越商品の決算整理仕訳の意味が分からないという人は多いです。確かに仕訳にすると意味合いの理解が難しそうに見えますが、やってることはただの算数の計算です。売上原価の金額を仕入勘定内で計算することと、繰越商品の金額を期首から期末に変える、の2つをやっているだけです。